スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音

難しいと思うこと。

言葉というものは本当に難しいと思うのであります。

人と会話をするのが得意な人もいれば、あまり得意でない人もいます。

私は後者でありもう大分長いこと対人関係に悩んでおります。

それでも一人の人としていろんな事を考えながら、

一生懸命言葉を選んで日々過ごしているつもりではありました。

しかしながら、そんな消極的な感情表現を繰り返している内に、

いつしか人との距離感が一定以上で縮まっていかないことに気が付きました。





それでもそれでいいと

そう開き直って、私はそんな消極的な対応が正しいことだと正当化しておりました。





一生懸命やっているんだから

そう開き直って、自分の頑張りを美化していました。





でもいい加減そんな生活は長くもつものでは無いのであります。

ムリをして毎日を過ごすなんて、それは例えるのならば

サイドブレーキをかけながら車を走らせるようなもの。

そんな車が長く走れるでしょうか、どこかで故障してしまうでしょう。

私はそんな状態にやはり疲れが出始めました。

どうして私は人と馴染めないんだろう、

どうして距離感があるんだろうと、思考は回りながら着地点を失っていました。





お前が本音でぶつかっていかないと、相手は本音で返してくれない。





それを教えてくれた人がいます。





私はその時ようやく分かりました。

人の目を見て話す重要さを、

恥をかく楽しさを、

会話の生み出すつながりを。





今までの努力は、ただの自己満足で方向性が間違っていたこと。

それはすんなりと受け入れることができました。

サイドブレーキが上がっているのに気がついたのであります。

心から出るものを遮るフィルターをとるのには時間がかかります。

現在今もまだ尚努力中ではあります。

きっとこれからも会話の面で壁にあたることは数えるのがイヤになるほどあるかと、

それはもう紛れも無くイヤになるほどあることでしょう。

それでも自分の中にある本音は、まぁ伝えて良い内容に限りますがw

どんどん出していこうと、そう思って努力している次第であります。






(・・・・・小物作りもがんばりますゆえ(^_^;))
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。